よくあるご質問

Home > よくあるご質問

 

項目をクリックすると、詳細がご覧になれます。

よくあるご質問 野菜Q&A 保存方法

 

 

よくあるご質問

形や色が悪かったりサイズにバラツキがあったり、多少の傷が付いた野菜を当店のおまかせセットにしてお買い求めいただけます。

また今後は野菜を使用した調理用商品、加工商品の販売も進めてまいります。

申し訳ございません。こちらで選んだ商品をセットしたものをお買い求めいただけます。

申し訳ございません。肉や魚は入りません。

段ボールに入った状態でお買い求めいただけます。送料別途となり、佐川急便での配送にてお届けいたします。

季節に応じてクール便での配送となります。

また近隣の方で引取可能なお客様は、今後お取引での引き渡しを計画しております。改めてHP内でご案内いたします。

12:00までにご注文いただけましたら、当日中に発送いたします。

12:00以降のご注文は翌日中に配送となります。

金曜日12:00~月曜日12:00までのご注文は月曜日の発送となります。

また、野菜の入荷状況により12:00までのご注文でも翌日以降の発送となる場合がございます。

(年末年始やお盆などについては、上記の限りではございません。)

別途、野菜毎の保存方法を記載しております。そちらでご確認ください。

クレジットカード、コンビニ決済、翌月後払い、PayPal、銀行振込、キャリア決済、楽天ペイをご準備しております。

青果物の為お客様の見た目のご判断となります。

カット野菜の消費期限は商品に別途記載してあります。

ネットショップHP上でもご確認していただけます。

ネットショップHP上で随時掲載致します。

申し訳ございません。原則的に承っておりません。ご事情がございましたらお問合せフォーム にてご相談ください。

当日締切時間12:00まではキャンセル可能です。お問合せフォームよりご相談ください。

申し訳ございません。青果物の為お受けしておりません。

その他お問合せは、HP上「お問合せフォーム」よりお問合せください。

 

野菜Q&A

レタスの切り口などが空気に触れると、レタスに含まれる「ポリフェノールオキシダーゼ」などの働きによって酸化され褐色色素を持つ物質に変化します。

お召し上がりになっても問題ありませんが、気になる方は、その部分だけ取り除いてお召し上がりください。

キャベツが子孫を残すため、花を咲かせようとするとうが立つ現象が起きます。

そのため芯部分に花芽ができてしまいます。自然の成長の現象であり4月中旬から5月中旬までに多い現象です。

お召し上がりになっても問題ありませんが、気になる方は、取り除いてお召し上がりください。

白菜の黒い点はポリフェノールです。

「ゴマ症」といわれる現象で気候の変化などによる白菜自体の生理障害です。

お召し上がりになっても問題ありません。

気温が急に上がったりするとブロッコリーの急激な成長により、茎の中が空洞化する場合があります。

また、空洞の中が空気に触れて少し赤くなることもありますが、お召し上がりになっても問題ありません。

ブロッコリーの成分である「イソチオシアネート」が分解しメタンチオールやジメチルジスルフィドといった成分に変化するとにおいがするときがあります。

原因としては、配送状況や貯蔵状況により酸欠状態を起こしてガスを発生させます。

また、茹でたり切ったりしてもにおいがする時がありますが、人の体内にも存在するガスなのでお召し上がりになっても問題ありません。

長時間風通しのよいところに置くとにおいが消えることもあります。

花蕾が低温や降雪などによって身を守るために「アントシアニン」が生成され紫色になります。

アントシアニンは水溶性のため茹でると花蕾は緑色になります。

お召し上がりになっても問題ありません。

人参に含まれるポリフェノールとオキシターゼが混ざり合った状態で空気に触れると、ポリフェノールが茶褐色に変色します。

表面の傷や乾燥、高温によって起こりやすくなります。

皮を剥けば中はきれいなので、お召し上がりになっても問題ありません。

20~24℃の気温で栽培した時に発生しやすく外側からの判断は困難になります。

また、大根のミネラル分が空気に触れて変化する場合もあります。

お召し上がりになっても問題ありませんが、気になる方は、取り除いてお召し上がりください。

「水晶現象」といいカット断面が透明になっているのが特徴です。

夏場の気温が高い時期に起こりやすい現象です。

気温が高いところで保存したり、温度変化を繰り返したりすると起こりやすくなります。

お召し上がりになっても問題ありませんが、煮物などの料理で気になりにくくなります。

ごぼうが成長し太くなると内部に空洞ができスが入った状態になることがあります。

長時間土が乾燥したあと雨が降ると急激に太り中心部の成長が追いつかないことが原因です。

太いものほど空洞になりやすいですが、ごぼうの性質上完全に空洞をなくすのは困難になります。

4月上旬から5月下旬に多い現象です。

お召し上がりになっても問題ありません。

さつま芋を切ると乳白色の液が出てきます。

これは、「ヤラピン」という成分で、時間経過ともに黒く変色し、固まります。

「ヤラピン」は、胃の粘膜を保護したり、整腸作用がある成分です。

お召し上がりになっても問題ありませんが、気になる方は、取り除いてお召し上がりください。

きのこは、菌類であり菌糸を伸ばしている状態で「気中菌糸」と呼ばれるものです。

温度変化を与えた場合や極低温のところで気中菌糸が出やすくなります。

そのまま料理に使っていただいても問題ありませんが、気になる方は、キッチンペーパーなどでさっとふき取ってお使いください。

野菜の栽培過程で風などの刺激や葉にこすれたりすると、その傷を修復しようとする作用が働き茶色のかさぶた状の傷ができます。 生育日数が多いときや台風が来ると多くなります。

傷の修復時にアントシアニンを生成するので、傷がある方が栄養素は多く含まれまるメリットがあります。

お召し上がりになっても問題ありませんが、気になる方は、取り除いてお召し上がりください。

トマトのへたの回りが割れているのは「裂果」という現象です。

果実に根から吸った水分が入り大きくなろうとしますが、寒暖差が大きいと皮が硬くなり柔軟性が少ないので内側からの大きくなろうとする力に耐えきれず割れてしまいます。

秋に発生しやすい現象です。

お召し上がりになっても問題ありません。

発育環境が乾燥した日や温暖な状態が続くと水分不足やホウ素不足になり、栄養のバランスが崩れ空洞になることがあります。

お召し上がりになっても問題ありません。

栽培過程において土が硬いとまっすぐ伸びず、曲がってしまうものもあります。

また、横向きに保存すると本来の向きに戻ろうとする作用が働くため曲がってしまうこともあります。

お召し上がりになっても問題ありません。

 

保存方法

レタスの褐変は、温度変化を避けるか低温で保存することで変色を軽減することができます。

人参の肌の変色は、温度変化を避けるか低温で保存することで変色を軽減することができます。

白葱の曲がりが気になる方は、新聞紙に包み、温度の低いところで立てて保存するようにしましょう。

 

©おやさいレスキュー